「リジュン (RiJUN)」VS「ベルタ育毛剤」

新育毛成分「リデンシル」

「リジュン」の最大の特徴として話題の育毛成分「リデンシル」が配合されていることがあります。

 

育毛成分「リデンシル(Redensyl)」は、育毛業界において注目の新成分です。
スイスの化粧品原料メーカー「induchem社」が開発した育毛成分で、毛包内にある「バルジ領域」にアプローチすることにより、髪の成長を促す働きがあります。
リデンシルには、「成長期毛髪成長の促進」と「脱毛の減少」という2つの働きがあることが実験でも実証されています。

ミノキシジルの2倍の効果がある「リデンシル」

育毛剤の成分の中でも効果があると有名なミノキシジル。
「リデンシル」には、このミノキシジルの2倍の効果があるとされています。

副作用の心配なし!の「リデンシル」

リデンシルは、「セイヨウアカマツ球果エキス・チャ葉エキス・グリシン・ピロ亜硫酸Na・塩化亜鉛」で構成されており、副作用の心配がほとんどないのが大きな特徴です。
ですから、まつげ美容液に使われていることもあります。

「インコスメティック」にて銀賞を受賞

「リデンシル」は、2014年、ドイツのハンブルグで開催された世界最大級の化粧品原料展示会「インコスメティック」において、銀賞を受賞しました。
育毛成分として世界的にも話題になっている成分です。

 

リデンシルの働き

リデンシルは、大きく分けて次の2つの働きで育毛効果を発揮します。

DHQG(ジヒドロケルセチングルコシド)安定化ポリフェノール(特許取得済み分子)

バルジ領域の幹細胞を刺激し、毛乳頭の細胞を活性化させます。
バルジ領域とは、毛を生成するために重要な細胞を作り出す領域のことをいい、毛は、バルジ領域から生成される発毛因子が毛母細胞となり生成されます。
リデンシルを頭皮に塗布することで、毛を生成するために重要なバルジ領域の幹細胞を刺激し、毛の元となる毛乳頭細胞を活性化させるというわけです。
そして、細胞活性化による代謝促進効果により、休止期・脱毛器の短縮も期待することができます。

 

EGCG2

頭皮炎症の原因(脱毛の原因)となるインターロイキン-8(IL-8)を抑制し、頭皮の炎症を抑えてくれます。頭皮環境を整えることで、抜け毛を防ぎ、育毛を促進します。